学校生活

フィリピン(短期派遣プログラムの紹介)

TUA派遣

Trinity University of Asia High Schoolは、フィリピン、ケソン市にある、聖公会に所属する男女共学の学校です。学校の裏はスラム街ですが、そこに学校が建っている意義をTrinity自体が役割として自覚しています。生徒達は、そこを毎日見ながら「ここに住む人達が豊かな生活ができるようなリーダーにならなくてはならない」と考えています。学校の前の通りは賑やかで、すぐ向かいに大きな病院(校医)もあり、生徒が短期留学するにあたって、危険な所でありません。
Trinityとの交流は1990年に開始されました。1997年度より、本校からも生徒をフィリピンに派遣し、ホームステイをしながらトリニティ・ハイスクールでの学校生活を体験するようになりました。コミュニケーションは英語でとりますが、短期の語学留学とは違い、実際の学校生活と家庭生活を体験し、アジアの文化の一面を学びます。(フィリピンの第一言語はタガログ語です。)フィリピンの文化や自然に接して見聞を広め、また両校の生徒たちが共に学び、交流することによって相互の理解が深まることを目的としています。

  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • 交通アクセス
  • 関連リンク
  • サイトマップ
  • このサイトのご利用にあたって/個人情報の取扱いについて