創立145周年を迎えて

 立教女学院は、今年、学院創立145周年を迎えました。明治時代になり、キリスト教が解禁となったわずか4年後の1877年(明治10年)、本校は、アメリカ聖公会より派遣されたチャニング・M・ウィリアムズを創立者として、現在の文京区・湯島の地に生まれました。生徒5名での開校だったと資料にあります。しかし次第に生徒も増え、1884(明治17年)には、現在の中央区・築地明石町に洋風3階建ての校舎を建築し、数多くの女生徒たちが学ぶようになりました。それは、キリスト教信仰に基づき「一人一人の個性を尊重する」という本校の自由な校風が多くの人々の共感を得ることができたからに他なりません。明治の初め、女子が学ぶこと、しかもキリスト教に基づく教育を受けることが、どれほど多くの女性に知識への扉を開いたことでしょうか。自由と新しい時代に生きる希望と勇気とを与えたことでしょうか。

 その後、1923年9月1日の関東大震災によって本校は校舎をすべて失いましたが、当時の責任者マキム主教を中心とする教会関係者や学校関係者の献身的な働きもあって、アメリカの教会からの支援と内外の方々の祈りと善意とに支えられ、1924年に現在の久我山の校地が与えられました。そして1930年に現在の高等学校の校舎が、続いて聖マーガレット礼拝堂も完成し、以来、この地に移ってからも変わることなくキリスト教に基づく豊かな人間性と高い知識をもった女性の育成に努め、ここ久我山での学びも今年で98年目を迎えました。

 真摯な学びによって獲得される知識は、私たちをより広い世界へ、より深い真理へと導いてくれます。キリストにある自由は私たちの心をさまざまな束縛から解放し、他者のために生きる道へと導いてくれます。そして、生徒一人ひとりが、すべての人々が平和のうちにその人らしく生きていける社会をつくり、担っていくために「今の私には何ができるのか」「将来何ができるのか」、そうした意識を持った学び。それが神様から本校に託された教育であり、145年を経た今でも変わることなく引き継がれています。

 緑と四季折々の草花が咲き誇る校庭と歴史を今に語る伝統ある校舎や礼拝堂。本校の一日は毎朝の礼拝から始まります。生徒たちは、今日も学べる恵みを神様に感謝し、互いに支えあい、励ましあいながら、いま何を学ぶべきかを自らに問いつつ、自由でいきいきとした時を過ごしています。

2022年4月
校長 田部井善郎